川端角のレトロ博物館

 世の中には役目を終えて処分される「モノ」が溢れております。世に中の為に頑張って働き、その役目を終えたモノに敬意と感謝をということがこの博物館の目的です。なぜこのモノがあるのか、どんな役割をしていたのか、どんな人に使われていたのかなどの空想を巡らせながらご覧ください。多くの人に見てもらうことで役目を終えたモノは喜んでくれると思います。

 現役の時とは違う方法での再利用ということも有り得ます。例えば此処にある事務用の椅子。実に多くの人々がこれに座ったと思います。この椅子は多くの喜怒哀楽を見てきたはずです。多くの仕事を支えてきたはずです。尻に敷かれながらじっと重みに耐えてきた椅子。おそらく「ありがとう」と言われた事など一度もないはずです。そして新しい椅子が入ってきて、役目を終えたこの古い椅子はゴミとなり処分されるところでした。ところが運よくこの博物館へ運ばれてきました。「ありがとう」と言う言葉が博物館へきた年老いた新人への私たちの挨拶です。現在は博物館の営業案内を伝えるイーゼルとして働いております。第二の仕事は腰かけられる仕事ではなく人々を案内する仕事でした。此処に来て椅子はオイルで丁寧に磨き込まれました。するとアンティークならではの好い雰囲気を発するようになり、来た時の様な老いぼれから貫禄ある紳士となりました。此処の営業案内という仕事で多くの人の役にたっていることを喜んでいるのを感じます。

 博物館の展示品はご自由に撮影ください。彼らが「被写体モデル」という仕事をすることとなります。また多くの品に価格がついております。それは此処に在る全ての展示品がまだまだ現役として働けるからです。品々を見て何かひらめきがございましたら是非とも連れて帰ってやって下さい。年老いた紳士淑女へ新たな活躍の場を与えて頂けたら此の上ないことだと思います。

川端角のレトロ博物館
縄田屋 伸一

川端角のレトロ博物館ショッピングサイト

催し物のごあんない

 博物館では昔の遊びを伝承する活動を行っております。お金がかからない遊び。人と人との接点がある遊び。知恵がつく遊び。1人でも楽しめる遊び。戦後の日本には様々な素晴らしい遊びがありました。それらの文化を絶やすことなくしっかりと受け継いでいくことを目的に下記にて催事を開催致しております。参加費は無料です。お申込みはスタッフまでお願い致します。また、様々な遊びをご教授頂ける方々を募集致しております。完全なボランティアとなりますがご協力頂ける方はスタッフへお声掛けください。大先輩の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

催事日時

  • 次回予定決まり次第ご報告いたします

館名の由来

 「川反(かわばた)」と書くのが秋田にある歴史ある歓楽街の名称です。今から約百年前の川反は「川端(かわばた)」と書かれておりました。しかし、お城がある武家町から見て町人町との境目である旭川の向こう側と言うことで川反となりました。町人町から武家屋敷を望む一番近い場所に位置する旭川のたもとにあるこの地に「川端」と言う江戸の名残を残す場所があってもいいのではないかと思いこの名前と致しました。

川端角のレトロ博物館

住所
秋田市大町2-1-1
電話
018-801-3344
営業日
毎週日曜日及び、竿燈とお盆期間
営業時間
11:00~19:00
当社で所有している
アンティークの品数
約10万点
展示数
約1,000点
入場料
無料
【古物営業法の規定に基づく表示】  株式会社ドリームリンク 秋田県公安委員会許可 第231130001852号