アスリート採用者紹介 松橋 亜希さん

 スキージャンプ競技選手の 松橋 亜希 さんがアスリート採用者としてドリームリンクの一員となりました。競技やご自身についてインタビューをしましたのでご紹介します。

DL:
自己紹介をお願いします。
松橋:
秋田県鹿角市出身で9歳からスキージャンプ競技をしています。身長172センチという 海外選手にも引けをとらないジャンプに有利な恵まれた体格を活かし、2022年北京五輪を目標に活動しています。
DL:
大会戦歴を教えてください。
松橋:
2012~2014年 全日本学生スキー選手権 3連覇
2013年 W杯札幌大会 30位
2015年 ユニバーシアード(スロバキア)個人6位、女子団体2位、混合団体3位
DL:
ドリームリンクにアスリート採用が決まった時は、どのように感じましたか?
松橋:
17年間の競技生活の中で一番思い悩んでいる時期に採用していただきました。
これから大好きなジャンプを胸を張って大好きだと言えるよう、ドリームリンクの一員として、必ず北京五輪へ行こうという強い気持ちが生まれました。
また、地元秋田の企業でスキーをできることをとても嬉しく思います。秋田県の女子ジャンプの先駆けとして、たくさんのことを乗り越え、切り開いてきた経験や競技で培った精神力、何事にも挑戦したいと思うチャレンジ精神を活かし、社会や会社に貢献したいと思います。
DL:
ドリームリンクはどんな会社だと感じましたか?
松橋:
とてもあたたかい会社だと思います。
競技に専念できる環境を整えていただき、厳しくもあたたかい言葉をかけていただいています。 現役のうちから引退後の話をするのもおかしいですが、競技活動後もお客様や地域、社員のことをとても大切にするこの会社で働くのがとても楽しみです。
まずはアスリートとして、会社や地域へ貢献できるよう頑張ります。
DL:
ドリームリンクの社員になってからの1日のスケジュール例は?
松橋:
6:30 起床
9:00 ウォーミングアップ
10:00 ジャンプトレーニング
13:00 昼食
15:00 ジム(TWIST SAPPORO)にてフィジカルトレーニング
18:30 夕食 入浴 カラダのケア
23:00 就寝
DL:
現在の夢・目標
松橋:
2022年の北京五輪が一番の目標です。
そのために今年はまず、国内戦表彰台、W杯ポイントを目標に1日1日を大切に、笑顔で精進していきたいと思います。

私たちと一緒に働きませんか?